株式投資のすすめ

株って何で得するの?

初心者が株を始めるにあたって、最初に考える事があります。
「株って何で得するの?」
誰もが一度は疑問に思うことでしょう。
このメカニズムがわからないと、初心者は、株取引はできない・・かというと、そうでもありません。
実際に取引を行う場合、そういった理由は特に必要はないからです。

ただ、知っておかない事には株というものの本質は理解できないでしょう。
それを理解していなければ、初心者の方が株で利益を継続的に得ていく事は困難です。
そこで、ここでは株でどうして得する事ができるかについて、軽く説明していきましょう。

株というのは、会社がお金を集める為の手段です。
投資家からお金を借りて、そのお金で会社の事業の幅を広げていき、利益を得ていきます。
そしてその利益が上がる事で、どんどん株価も上がっていきます。
ここがポイントです。

株というものは、その会社の株価が問題です。
株価というのは、言って見ればその会社の価値なのです。
その会社に投資する価値がおいくらか、というものです。
例えば、現在株価が1,000円の会社があるとします。
この会社の株を持っている人が、この株を1,000円で売ってしまおう、と思った場合、1,000円で買いたいという人に売る事になります。

これがもし、1,000円で買いたい、という人がいなければどうなりますか?
答えは簡単、値下げします。
普通の商品と同じですね。
買い手がいなければ値下げするしかありません。
990円なら買う、という人がいれば、990円で売る事になります。
そうすると、株価は990円となり、10円下がるのです。
この場合、1,000円で株を買った人は一株辺り10円損をします。
逆に、1,010円でも欲しい!という人がいれば、株価は1,010円となり、10円得をするのです。
この得が、株で最もポピュラーな利益となります。
タグ:

そもそも「株」って何?

2009年、株式投資は反撃の年を迎えます。

ただ、その前に株というものについておさらいしておきましょう。
株についてしっかり理解していないと、なかなか反撃もままなりません。
株式投資の初心者の方は、できるだけ多くの知識を蓄え、判断材料を増やしておく事が必要です。
リーマン・ショックは、初心者だろうが上級者だろうがお構いなしに飲み込んでいく津波のような出来事でした。
しかし、こういう現象は本当に稀で、基本的には知識を持っている人は回避できる波ばかりです。
必ず、初心者であっても回避できます。

まず、株というものについてしっかり認識しておきましょう。
株とは、簡単に言えば、会社の信用です。
企業というものは、その企業を持続させる為に非常に多くのお金を必要とします。
しかし、そのお金を調達できるかどうかというと、自力では難しいというところが多いでしょう。
その為、融資をしてもらう必要があります。
その融資の一環としてあるのが、株という制度なのです。

株というのは、会社が「自分のところは将来必ず大きくなるから、そのための資金を貸してくれ」という形で投資家に自分の会社の信用を買ってもらいます。
投資家は、「いずれ会社が大きくなったら、利益の分上乗せして貸してくれ」という形で株を買います。
そして、実際に会社が大きくなれば、その見返りに利益が得られます。
非常にシンプルに株を説明すると、こういうシステムになっています。

実際には、会社が大きくなるまで待たなくても、利益は得られます。
株には、ある意味その会社の人気投票的な意味合いもあって、人気が上がると株価も上がり、株価が上がると株主は利益を得られます。
その人気投票は常に行われている状態なので、どのタイミングでも利益は出ますし、同様に損をする事もあるのです。
タグ:株式投資

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。